2016年10月20日

ファスナー型 カード入れの段差


ラウンドファスナーの財布において、
内のパーツにカード入れを最初から貼る作り方の場合、
その段差を何らかの方法で解消しないと、マチの幅が揃わなくなります。

ご依頼いただければ、木型に適した厚みの素材を何かしら見つけて貼り足し、
つじつまを合わせております。



IMG_5364.JPG

今回、ご依頼いただいた場合だと
上から2段目まで、2段階に段差を付けます。
ノギスで端の部分の各ポイントを測れば
その差からいくら足せば良いかを知ることができます。



IMG_5365.JPG

おおよそですが、
今回の場合だと上の方から1mm、1.7mm、2.8mm。



IMG_5366.JPG

これに極力近い、ウチの手持ちの素材で
上から1.7mm、1mmを貼り足すことに。



IMG_5367.JPG

木型に合わせた状態で、問題なく段差が解消されているか、
つまり、マチの幅が均等になるか確認する。



この貼り合わせる調整は、お客様の方でも比較的簡単に出来るかと思います。
その際に貼り足すものとしては、
裏がシールになっているスライサーなどがすぐに貼れるし、
色んな厚みが用意されていて微調整もやりやすく、
何よりも革で製作されている方達にも入手しやすく、
馴染みのある扱いやすい素材なので良いのではないかと思います。


もちろん
「その時間が惜しい!」
と言う場合は今回のようにこちらでも承ります。

完全な寸法指定、もしくは今回の様な現物支給でokです。

今回、パーツの画像の掲載にご承諾いただいたkawacoyaさん、
ありがとうございました。








ファスナー木型 製作例



ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定



ラウンドファスナー木型 利用者の声

http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html






posted by にじがみ at 17:00| Comment(0) | nijigamitool:ファスナー型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: