2018年07月12日

『素材博覧会 YOKOHAMA 2018 夏』にて、展示即売会&展示横ワークショップを開催します。








こんばんは〜。nijigamitool嫁です。




「素材博覧会 YOKOHAMA」のお知らせです。



全国で開催している「本日は革日和♪」は、8/24(金)〜26(日)の
革日和ブース出展 in『素材博覧会YOKOHAMA』に出展します。

虹紙製作所/nijigamitoolも出展させていただきます。

よろしくお願い致します。












☆内容

・道具や木型のご相談

・ワークショップ(日時をお選び下さい。13種類の中から製作するものを選択)
ワークショップを予約をご希望される方は、以下にご予約方法などの詳細を掲載しております。





星2ワークショップ

ワークショップサンプル1.jpg

製作するものは次の13種類から選ぶことができます(複数でも可)。

( )内はそれぞれ所要時間です。








☆木型を使ったワークショップ




















☆その他 




※今回のみiPhone+シリーズでも製作可能ですので(+500円)、その旨お伝え下さい。
※製作したいスマートフォンのハードケースのご用意をお願いします。
(ソフトケース、シリコンケースは使用できません)


※スマホの裏が段差のあるタイプは、対応できません。取り付けに何らかの工夫をすれば解消できる
場合もありますが、基本的には、こちらでその対応をすることは不可能ですので、ご了承下さい。

今のところ確認済みの機種:auのシャープ製のBASIO2




☆木型を使った上級者向けワークショップ 

(@、A、B、Cのいずれかのワークショップを受けられた方)その他、要相談

裏地付きL型2.jpg






Iミンティアケース(1〜1.5H 3,000円+税)

ミンティアケース.jpg





J動物のキーホルダー (30分程度 1,000円+税)

10種類程度の動物型、革の色も選んでいただき、イニシャルやお名前を刻印して、
ご自身用としてカバンに付けられたり、子どもさん、お友達にもプレゼントできますよ。
車のナンバーを刻印しても面白いかも。。。

刻印は、平仮名、ローマ字、数字、ちょっとした絵文字もあります。

動物のキーホルダー1.jpg






Kぷっくりキーホルダー作り (1〜1.5h程度 小 1,500円+税  大2,000円+税)

ぷっくりキーホルダー1.jpg




一般的なカップの「Regular」と「Large」サイズに対応しています(コンビニのカップにも合います)。
 何と、クルクルと丸めて、カバンの取手などに引っ掛けてキーホルダーに。
 いつでもコーヒーカップに装着できます。

 イニシャルや数字、平仮名、可愛い絵文字を刻印し、オリジナルのカップホルダーを製作していただけます。

 プレゼント用にも喜ばれると思います。

カップホルダー4.jpg


カップホルダー1.jpg 


カップホルダー8.jpg











※現在の予約状況(◯:あき)


・8月24日(金)

時間\座席A  B  C  
10:00×
 ×
11:00×
 ×
12:00×
 ×
13:00×
 
14:00
 
15:00
 
16:00
 
17:00
 
18:00終了



・8月25日(土)

時間\座席A  B  C  
10:00××
 ××
11:00××
 ××
12:00××
 ××
13:00××
 ××
14:00××
 ××
15:00××
 
16:00
 
17:00
 
18:00終了



・8月26日(日)

時間\座席A  B  C  
10:00
 
11:00
 
12:00
 ×
13:00×
 ×
14:00×
 ×
15:00
 
16:00
 
17:00終了


ご興味あって、参加されたい方は、準備などもありますので、8/18(土)までに、

・お名前
・お電話番号

・ご希望されるワークショップ

・ご希望の日時(◯日◯時〜)

・スマホケースをご希望の方は、当日スムーズにワークショップを行えるように、
前もって下記の項目もご連絡下さい。

革の色(緑、赤、茶、青、オレンジ、黄)

・携帯の機種名

・ハードカバーを付けた状態でのスマホのサイズ(iphoneの場合は、機種名のみお知らせ下さい。)
 縦:     cm
 横:   cm
 厚み:  cm

を明記の上、ご連絡下さい。





よろしくお願い致します。






♪ワークショップのコンセプトです。

・初心者の方にも楽しんでいただける。

・色々な素材を使う。

・色々な道具を使う。







posted by にじがみ at 15:00| Comment(0) | 虹紙製作所について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: