2017年09月11日

10/9(月/祝)にレプレ大阪梅田校にて木型のワークショップを開催します。




こんにちは〜。

nijigamitool嫁です。








色々な場所で、楽しくワークショップを開催させていただいていますが、
今回は新たな場所、「レプレ大阪梅田校」にて、開催させていただきます。



「レプレ大阪梅田校」さんでは、
趣味でバッグをつくりたい方から独立・開業をお考えの方までを対象とした
幅広いコースを設けるカバン教室。目的に合わせた学び方ができます。






そんな「レプレ大阪梅田校」で、虹紙製作所/nijigamitoolは、定番の木型を使った
L型/丸型ファスナーコインケースワークショップを開催します。


ファスナーを上手く付けられない方も、このワークショップでコツを掴んでいただき、
きっと、ファスナー付けも楽しくなり、製作するものの幅も広がるでしょう。


レプレ大阪梅田校の生徒さん以外の方も、手縫いを少しでもやったことがある方は、
参加可能です!


たくさんの方が参加して下さることを楽しみにしています。




ご予約はこちら
(ご予約の前に下記をお読み下さい。)

ご予約の際、「虹紙製作所/nijigamitoolのブログを見た!!」ということを
参加者コメントに記入して下さい。
その方がスムーズにご参加いただけると思いますので、よろしくお願い致します。

キャンセルは、9/20(水)18:00までとします。
それ以降は、全額参加料がかかりますので、ご了承下さい。

※今回は、手縫いを少しでも体験されたことがある方は参加していただけます。

木型4.jpg


丸型2.jpg



 

♪ワークショップのコンセプト

・初心者の方にも楽しんでいただける。

・色々な素材を使う。

・色々な道具を使う。








posted by にじがみ at 12:00| Comment(0) | お知らせ

2017年09月02日

9/2(土)、工房でのワークショップが無事に終了しました。




こんばんは〜。nijigamitool嫁です。


最近、かなり涼しくなり、夜もクーラーを付けずに寝られるようになり、ホッとしているところです。










今日は、9/16(土)〜18(月/祝)に開催される、「革日和 in札幌」でnewワークショップを行うための
プレワークショップを自宅兼工房にて開催しました。


を製作していただきました。
ご協力いただいた方々、どうもありがとうございました。






今回は、初心者の方(裏地なしL型、三角型、丸型ファスナーコインケースを受講していただいた方)
もやっていただけるようにと、色んな部分を試行錯誤し、そのやり方で製作を進めていきました。

改善点など色々と出てきましたので、そこを改善し、本番の「革日和 in札幌」に望みたいと思います。



2017.9.2.jpg




ファスナーを開けると、裏地も付いていて、コインケースもカードも入るようになっています。

裏地付きL型2.jpg



革日和 in札幌のワークショップの詳細は下記のブログをご覧下さい。
よろしくお願い致します。
(ご希望の方は、メールにて予約を受付中です。)









posted by にじがみ at 19:27| Comment(0) | ワークショップ無事終えました

2017年08月26日

9/16(土)〜18(月/祝)に「革日和in札幌」を開催します。



こんにちは〜。

nijigamitool嫁です。




お盆も終わり、8月ももう終わりに近づいてきましたが、まだまだ暑いですね!
そろそろ、夏の暑さの疲れが出て来ている頃ではないでしょうか。
涼しいところで体を休め、水分をたくさん取って、心も身体もリラックスしましょう。






さてさて、お待たせしました、
9/16(土)〜18(月/祝)に「革日和in札幌」の開催が決定しました!!

場所は昨年と同じオノベカというところです。


今回で2回目の札幌での革日和。

昨年より多くの方にご参加していただき、また来年も開催できればいいなと思っております。

よろしくお願い致します。






☆9/16(土)〜17(日)
・展示販売会
・道具や木型のご相談
・ワークショップ(展示横スペースにて2,3人ずつ、8種類の中から製作するものを選択)
ワークショップを予約をご希望される方は、以下にご予約方法などの詳細を掲載しております。



☆9/18(月/祝)
・展示販売会
・道具や木型のご相談
・ワークショップ
少し高度な、木型を使ったワークショップを午前午後の2部制で考えております。
木型を使用して製作されたことがない方は、9/16、17日のいずれかに木型を使った
ワークショップに参加していただきたいと思っております。
ワークショップを予約をご希望される方は、以下にご予約方法などの詳細を掲載しております。






・9/16(土)〜17(日)のワークショップ


製作するものは次の8つから選ぶことができます。

( )内はそれぞれ所要時間です。


革日和2017.5.26,27.jpg

























※今回のみiPhone+シリーズでも製作可能ですので、その旨お伝え下さい。
※製作したいスマートフォンのハードケースのご用意をお願いします。
(ソフトケース、シリコンケースは使用できません)



※現在の予約状況(◯:あき)

・9月16日(土) 10:00〜17:30

時間\座席AB
10:00××
 ××
11:00××
 ××
12:00××
 ××
13:00××
 ××
14:00××
 
15:00
 
16:00
 
17:00
 




・9月17日(日) 9:30〜17:30

時間\座席AB
9:30×
 ×
10:30××
 ××
11:30××
 ××
12:30×
 ×
13:30×
 ×
14:30
 
15:30
 
16:30
 
17:30
 




☆開場時間内のお好きな時間にご予約可能ですので、ご希望される方は


・お名前

・お電話番号

・ご希望されるワークショップ

・ご希望の日時(◯日◯時〜)

・スマホケースをご希望の方は、当日スムーズにワークショップを行えるように、
前もって下記の項目もご連絡下さい。

革の色

・携帯の機種名

・ハードカバーを付けた状態でのスマホのサイズ
 縦:      cm
 横:   cm
 厚み:  cm

を明記の上、ご連絡下さい。









・9/18(月/祝)のワークショップ

「L型ファスナーウォレットをつくろう!!」

以前からのL型・三角型・丸型ファスナーコインケースは、裏地なしで、湾曲部分にファスナーを
簡単にきれいに貼ってみましょうというワークショップでしたが、今回は、少し高度な、
裏地付きの木型を使ったワークショップです。

裏地が付いていて、内部にはポケット部分があり、カードが1枚入ります。
お札は2つ折りしていただければ十分入るサイズです。

サイズ : 縦 約9.5cm × 横 約10cm

革は5色(赤、青、オレンジ、茶、緑)から選べます。
数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もあります。

内側の革は、ナチュラルのみ、ファスナーの色は、焦げ茶のみとなります。

使用していただいた木型や材料の販売も予定しております。


※可能であれば、木型を使用して製作されたことがない方は、9/16、17日のいずれかに
木型を使ったワークショップに参加していただいた方が、スムーズに製作していただけると
思いますので、ご協力をお願い致します。(どうしても参加が難しい方は、ご連絡いただければと思います。)



・1回目 9:30〜13:00(5名)残り2名

・2回目 14:00〜17:30(5名)

・参加料:7,500円+税(材料費込み)

裏地付きL型2.jpg


☆1回目か2回目のお好きな時間にご予約可能ですので、ご希望される方は


・お名前

・お電話番号

・ご希望の時間

・革の色

革の色2.jpg


を明記の上、ご連絡下さい。













♪ワークショップのコンセプトです。

・初心者の方にも楽しんでいただける。

・色々な素材を使う。

・色々な道具を使う。



よろしくお願いします。


posted by にじがみ at 11:19| Comment(0) | お知らせ

2017年08月20日

『L型ファスナーウォレットをつくろう!!』


●「L型ファスナーウォレットをつくろう!!」


裏地付きL型2.jpg

裏地付きL型1.jpg



以前からのL型・三角型・丸型ファスナーコインケースは、裏地なしで、湾曲部分にファスナーを
簡単にきれいに貼ってみましょうというワークショップでしたが、今回は、少し高度な、
裏地付きで、しかもL型部分にファスナーを上手く付けましょうというワークショップです。
もちろん、木型を使用していただきます。

裏地が付いていて、内部にはポケット部分があり、カードが1枚入ります。
お札は2つ折りしていただければ十分入るサイズです。

※可能であれば、木型を使用して製作されたことがない方は、
木型を使ったワークショップ(L型or三角型or丸型orペンケース)に参加していただいた方が、
スムーズに製作していただけると思いますので、ご協力をお願い致します。




・参加料:7,500円+税(材料費込み)


・製作時間:約4時間


・サイズ : 約9.5cm × 約10cm


・革は、当日、5種類から選択できます。(赤、青、茶、緑、オレンジ)

革の色2.jpg

数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もあります。


・内側の革は、ナチュラルのみ

・ファスナーの色は、焦げ茶のみとなります。

・ワークショップを受けて下さった方のみ、ワークショップ代とは別に
 木型、型紙を2,500円+税にて購入可能です。
 木型を使用して、ご自宅で作品作りを楽しんでいただけます。
 (裁断した革、ファスナーも別途販売しております。)







posted by にじがみ at 00:00| Comment(0) | ワークショップ

2017年08月16日

アフリカンブラックウッド スリッカー

スリッカーdelta1.jpg

先日、革日和博多に持っていった、この度新しく作ったスリッカー。
nijigamitooolでは電動でコバを磨くための道具はいくつか作っていましたが、
手で磨くスリッカーはこれが初めてです。
そのスリッカーについて、もう少し詳しく紹介させていただきます。

見ての通り三角柱です。
厳密にいうと上辺が短い台形なんですが。

第一印象として、おそらく「何これ変なカタチ」と思われるだろうと思いますので、
開発の経緯と想定している持ち方について簡単に説明していこうとおもいます。








スリッカーdelta2.jpg

そもそもこのスリッカーを手掛けるきっかけになったのが、
「コバに点で接する丸いものでなく、線で接する平らなスリッカーが欲しい」
という声を受けてです。
その方曰く、その方が磨きの効率が良いということでした。

ですので、直線的で長い溝がこのスリッカーの一番の特徴で
そこを基本軸として設計しています。








スリッカーdelta3.jpg

ただ本当にそれだけだと、僅かな内R部分にも
届かなくなってしまい、完全に直線専用スリッカーになってしまいます。

それはそれで男らしいですが、ちょっと不便なので、
そこから折り返したところにも短い溝も作りました。
入り組んだ部分もこちらで、磨くことができます。








スリッカーdelta4.jpg

基本的には、画像のように三角形の底辺に親指を添え(引っ掛け)、
溝の裏側の面に人差し指を添える持ち方を想定しています。
この持ち方だと、ちょうど人差し指の真下で磨いている感覚がえられます。
「磨いているポイント」とその時の「指の位置」を重視しました。







スリッカーdelta-5.jpg

溝は全部で6種類作っていて、
これを全て並べてしまうとかなりの幅をとってしまいます。
どの溝を使っても、持った感覚が極力変わらないようにしたかったため、
溝は両側に分散させ、スリッカーの端の方に配置。
反対側に「ヘラ」のようなものを作るのも一つの形だと思うのですが、
今回はそのカタチは迷わず捨てました。
明確なそのヘラの使い道のアイデアが特になかったので、「とりあえず」で作ったところで、
中途半端な形になると思ったからです。








スリッカーdelta6.jpg

溝がL型に切られている構造であるがゆえ、
持った時の感覚を同じにするために反対側は裏面に溝を設置しています。
また、そもそも左手で握った場合は全く逆になってしまうため、
逆勝手(左利き用)も用意しました。









スリッカーdelta7.jpg

4つの完全な溝を使ってコバを磨く方法は説明不要かと思いますが、
端の半溝はコバの片方は触りたくないというような時を想定して作っています。
裏は極力ピン角、表だけ面を取りたいというような場合です。
その際には、宙に浮かせての作業は安定しにくいので、
作業台などの端の方に革を置いた上で磨いていただければと思います。





使用している素材は、「アフリカンブラックウッド」。
この木は他に「アフリカ黒檀」「グラナディラ」などとも呼ばれていて、
その名通り、アフリカ産の材です。

材料に付いてもまた、追ってお知らせします。


このスリッカー、まだ販売準備が出来ておりません。
(ネットショップの準備等)
もう少しお待ち下さい。






posted by にじがみ at 18:00| Comment(0) | nijigamitool:道具